パソコン、スマホ、コンビニで!便利なFAXの送り方、使い方

パソコンを使ってネットで送信や受信できるFAXサービスや、便利なFAXの使い方をご紹介いたします。

ToonesインターネットFAXの特徴・メリット・デメリット

ToonesインターネットFAXは、株式会社Karigoが運営している「Toones」という中小企業向けビジネスサービスの1つです。

ToonesではグループウェアやIP電話など様々なサービスを提供していますが、今回紹介するToonesインターネットFAXは、メールの送受信や管理画面を介してFAXを送受信できるようにするサービスです。

一番の特徴は、インターネットFAXでありながら、固定電話と同じように市外局番から始まるFAX番号が割り当てられることです。

その番号に送られてきたFAXは自動的にPDFに変換され、指定したメールアドレスへ送られます。

もちろん送信も可能で、管理画面で送りたい内容を入力するか、メールでFAXの内容を送信することで、自動的に相手方にFAXが送られます。

登録するメールアドレスなどはすべて管理画面で設定できるようになっており、プランによっては複数のメールアドレスを登録することが可能です。

料金体系は、1pt = 1円のポイント制になっており、番号取得料金が1050pt、月額料金や送受信料金はプラン毎に異なり、SOHOプランでは月額料金が498pt、1枚あたりの送信料金は50pt、受信料金は8ptとなっています。

月額料金の高いプランほど送受信料金が安くなる仕組みになっており、月額980ptのビジネスプランは送信・受信料金がそれぞれ13pt/0ptとなり、SOHOプランとかなり違います。

その他には、オプションとしてナンバーポータビリティや番号選択などができるようになっており、それぞれ別料金です。

申し込み方法は、まず 無料アカウントを開設し、4000pt以上のポイントを登録します。

その状態で申込ページにアクセスし、必要事項を入力して送信したら申し込み完了です。申し込みのキャンセルはできないようなので注意が必要です。

解約する場合は、ポイントがマイナスでない状態で、解約申請ページに必要事項を入力することで解約ができます。

このサービスを利用するメリットは、紙代やインク代がかからないということと、パソコンとインターネット回線さえあれば利用できること、通常のFAXにはできない機能があることの3つです。

やはりインターネットFAXの魅力は、実際にFAX端末が要らないことだと思います。

その他にも、一斉送信機能や、メールアドレスを使った送信など、通常のFAXではできない機能があるのも魅力です。

デメリットは、月額料金がかかること、送受信料金が1枚毎にかかること、従来のFAXの方が料金が安い場合があることの3つです。

中でも一番のネックは、やはり送受信毎に料金がかかることです。通常FAXを送るときは3分で数円という程度ですが、例えばSOHOプランでは送信に一回50円もかかってしまいます。

他社のインターネットFAXと比べてもやはり割高な感じがするので、よく比較して検討したいですね。

ファックス利用経験談

ファックスのいろいろ

便利なファックスサービス

FAXサーバー用ソフト

▲上に戻る