パソコン、スマホ、コンビニで!便利なFAXの送り方、使い方

パソコンを使ってネットで送信や受信できるFAXサービスや、便利なFAXの使い方をご紹介いたします。

インターネットFAXとは?PCやスマホでFAX送受信ができるファクス

インターネットFAXとは?パソコンやスマホとインターネットを使ってFAX費用を削減するインターネットFAXについてのページです。

インターネットFAXとは?

インターネットFAXとは、従来の電話回線を利用したFAXとは異なり、web、インターネット回線を利用してFAXの送受信をする仕組みのことです。

ネットFAXの具体的な仕組みとは、インターネットにFAXサーバーを設置し、受信の場合は、電話回線から着信したfaxデータをメール用に変換し(通常はPDFファイル)、指定のメールアドレスに送信します。

FAX送信の場合は、これとは逆に、メールとして送信されたデータをファックスサーバーを介して、電話回線に流せるFAXデータに変換し、指定のFAX番号宛に自動で電話を掛け、FAXを送信します。

FAXを電子メールのようにパソコンやスマホや携帯、ipadなどのモバイル機器から送信・受信できるため、オフィスや自宅にいなくてもFAXを顧客や取引先から受取ることが可能なので、外出、移動が多い方の業務の効率アップにつながります。

インターネットFAXで取得できるFAX番号

インターネットFAXサービスで、ファックスの受信のために付与されるFAX番号は、以前は、IP電話の番号である050から始まる番号が主流となっていました。

現在では、インターネットFAXで取得できる番号は様々であり、IP電話の番号である「050」や、以前のポケベルの番号である「020」から始まる電話番号に限定しているインターネットFAXの会社もあれば、東京、大阪、名古屋、札幌、福岡など主要都市の市外局番を利用することが可能であるインターネットFAXサービスもあります。

市外局番を一般的な番号で取得することによって、取引先に不審に思われることも少なくなって来ています。

今使っているFAX番号をインターネットFAXで使うには?

FAX機器のリースをやめて、インターネットファックスに切り替えるといっても、取引先やお客様にFAX番号の変更を伝えるのは大変です。

1度告知してしまえば、問題ありませんが、なかなか踏み込めない場合もあるかと思います。

その場合は、インターネットFAXサービスで取得した番号を追加の形で取得して、既存のFAX番号は徐々に使わなくしていく、という方法で移行してもよいかと思います。

また、電話番号には、転送サービスがありますので、古いファックス番号に掛ってきたFAXを新規のFAX番号に転送して、対応する、という方法もあります。

インターネットFAXの中には、ナンバーポータビリティ(電話番号を変更せずに番号そのままで利用できる制度)ができるtoonesというFAXサービスもありますが、1万円近い工事代金が掛りますし、光回線を利用した電話番号の場合は対応できません。

また、対応可能な番号も03(東京)、043(千葉市内)、044(川崎市内)、045(横浜市内)、048(さいたま市内)、052(名古屋市内)、06(大阪市内)と限られいます。

FAX番号のナンバーポータビリティは、条件が厳しいと考えたほうが良いでしょう。

FAX番号の変更が周知するまで番号転送で対応するのが一番良い方法ではないでしょうか?

インターネットファックスサービスで、一番使いやすいと人気の「efax」

インターネットFAXの「efax」は、パソコンだけでなく、ipad、iphoneなどの携帯・モバイルからFAXが送信できるサービスです。

月々1500円のサービス料金で、150枚のファックス送信、150枚のFAX受信が無料で利用できます。

faxの送信・受信には、一般的なインターネットファックスサービスと同様、メールを使いますので、新たなアプリや、ソフトを導入することなく、お使いのメーラーがあれば利用することができます。

メールでファクシミリを送信することから、FAXダイレクトメールなどの一斉送信も可能になっています。

NTTに高い工事費を払って、新規にFAXのために電話番号・電話回線を取得する必要もなく、全国の主要都市の市外局番で電話番号を取れますので、FAXに関する固定費等も下げることができます。

30日間無料で利用できますので、使い心地を確認してみてください。
無料期間後の契約解除も電話一つで簡単に可能です。

≪eFax≫無料トライアル

ファックス利用経験談

ファックスのいろいろ

便利なファックスサービス

FAXサーバー用ソフト

▲上に戻る