パソコン、スマホ、コンビニで!便利なFAXの送り方、使い方

パソコンを使ってネットで送信や受信できるFAXサービスや、便利なFAXの使い方をご紹介いたします。

スマホでFAX送受信だけじゃない!Message Plusは手書きも対応

インターネットFAXは、ファクス機による電話回線経由での送受信のサービスを提供する会社と契約し、この会社のシステムにインターネット経由でアクセスすることでFAXの送受信を実現するしくみです。

このサービスを利用すれば、自宅や事務所にFAXや固定電話がなくてもFAXを使えることになります。

Message Plusは、株式会社アクセルコミュニケーションズ(東京都立川市)が運営するインターネットFAXサービスで、スマートフォンでのFAX送受信のほか、手書きによるFAX送信や留守番電話の録音機能を提供する、有料のサービスです。

スマートフォンからMessage PlusでFAXを送信するには、PDFなど送信したい文書のファイルとメールソフトを用意します。

FAXとして送信したいファイルを、電子メールの添付ファイルとしてMessage Plusが指定するメールアドレスに送信するだけです。他人にこのサービスを使われないよう、メール本文にパスワードを記載する設定にもできます。

相手から送られてきたファクスを電話に出て受信する、という操作は必要ありません。

Message Plusのサーバーに着信したファクスをスマートフォンで受信するには、AndroidおよびiPhoneいずれかの専用アプリをスマートフォンにインストールしておき、アプリを通じて受信したFAX一覧の画面を表示させるだけです。

一覧では送信相手の電話番号、受信日時が表示されていますから、必要なファクスをタップすることでファクス画像を閲覧することができます。

フィーチャーフォン(ガラケー)でも、Eメールによりファクス画像を受け取ることができるのは、Message Plusのメリットです。

Message Plusのサービスにもデメリットはあります。

一つは、契約時に与えられるファクスの番号が050-XXXX-XXXXという形式であることです。通常の市外局番から始まる番号ではありません。

しかし、最近では050で始まる番号を持つIP電話のサービスが広まってきましたから以前ほど違和感はないかもしれません。

もう一つは、月額950円の料金がかかる点です。

高機能なファクス複合機やクラウドサービスを組み合わせれば、同じようなサービスを自分で維持できるかもしれません。

しかし、年払いの契約であれば月額換算792円となり、3000円相当のファクス送信ポイントがついてきます。

最後に、これだけ充実したサービスがあるMessage Plusでも完全にファクス機を置き換えるものでははありません。

手書きの原稿や捺印した原稿を送る場合は、まず普通のファクス機で送信するほうが簡単です。既存のファクス機と併用して、かしこく活用してほしいのがMessage Plusです。

ファックス利用経験談

ファックスのいろいろ

便利なファックスサービス

FAXサーバー用ソフト

▲上に戻る