パソコン、スマホ、コンビニで!便利なFAXの送り方、使い方

パソコンを使ってネットで送信や受信できるFAXサービスや、便利なFAXの使い方をご紹介いたします。

パソコンFAXソフト まいと~く FAX シリーズ

パソコン用のFAXソフトといえば一番有名なのが「まいと~く FAX シリーズ」です。

「まいと~く FAX 」についてまとめました。

FAXサーバー構築に手軽に利用できる「まいと~く FAX Server」

「まいと~く FAX Server 7」は株式会社インターコムが発売しているFAXサーバソフトです。歴史のあるFAXサーバ、セキュリティ面の新機能も追加されて盤石の定番ソフトとして有名です。

株式会社インターコムは通信ソフト「まいと~く」を1986年に発売してから、「まいと~く FAX」「まいと~く FAX Server」などを発売して、長い間の信頼を勝ち得ている通信・FAXソフトのエキスパートです。

「まいと~く FAX Server 7」は複数回線(2~8回戦)をまとめて取り扱うことができ、専用クライアントソフトや、基幹業務システムからのFAXの送受信が行えます。これによってFAX情報のペーパレス化がはかれ、効率的に送受信の記録を管理することができます。

「まいと~く FAX Server 7」は「まいと~く」シリーズのインターコムの製品で、FAXサーバシェアとしてもシェアがNo.1です。

過去のバージョンから改良を重ねた、信頼と使いやすさを兼ね備えています。クライアントも洗練されていて、メールソフトと同様のインタフェースで直感的に利用できます。セキュリティ機能も充実しています。

特にセキュリティ機能で注目したいのは、「FAX誤送信防止」です。昨今では情報漏洩のニュースをよく聞きますが、この単純にFAXを異なる宛先に送ってしまうというのはよくあるヒューマンエラーであり、単純が故に防ぎにくいものとなっています。

「まいと~く FAX Server 7」では、管理者が内容を確認のうえ送信を許可する、個人それぞれでなく管理されたアドレス帳からのみ送信を許可する、宛先の電話番号の直接入力を制限する、登録時に確認として番号を二回入力させる、といったような配慮で誤送信を防ぐことができます。

「まいと~く FAX Server 7」によって、FAX情報の集中化、管理がはかれます。

紙媒体では散逸・紛失しかねませんが、データ化することにより集中化・情報の共有化・バックアップを可能にします。

価格は基本パッケージの最小構成で635,000円(税抜)からと、そこそこ高価な製品ではあるので、そんなにFAXの利用がない企業ではコストに対する効果は小さいと思われます。現在のFAXのやりとりの量とよく比較検討することが必要でしょう。

ファックス利用経験談

ファックスのいろいろ

便利なファックスサービス

FAXサーバー用ソフト

▲上に戻る