パソコン、スマホ、コンビニで!便利なFAXの送り方、使い方

パソコンを使ってネットで送信や受信できるFAXサービスや、便利なFAXの使い方をご紹介いたします。

FAX受注支援システム SmoothFirst( スムーズファースト)

DEFACT FAX CTI、「SmoothFirst( スムーズファースト)」を使って仕事効率をUP

DEFACT FAX CTI、「SmoothFirst( スムーズファースト)」はFAX受注業務を効率化させることのできる画期的なFAXCTIシステムです。

業務を効率化させることができるだけではなく、FAXセキュリティ対策としても効果を発揮し、FAX受注業務の全体的なコストの削減とセキュリティ向上を短期間で実現することが可能になります。

信頼性、安定性、実績が非常に高く、短期間でシステムの構築を行うことができます。

この「SmoothFirst( スムーズファースト)」を開発し、提供している会社は株式会社ハンモックです。

株式会社ハンモックはIT資産管理、ライセンスの管理、セキュリティ対策、FAXサーバ、ORC、マークシート処理、情報活用などの、法人向けソフトウェアメーカーで、パッケージソフトウェアおよび、それらの組み合わせによるソリューションを目的、悩み、方向性に分けて提案、提供してくれます。

実際に、「SmoothFirst( スムーズファースト)」の使用について記載されているホームページを確認してみると、導入実績、実際に導入を試みた会社のレビューなどが詳しく書かれています。基本的に株式会社ハンモックは、オフィスの業務効率化をサポートする会社であると言えます。

「SmoothFirst( スムーズファースト)」を導入するメリットとして、第一に挙げるとやはり面倒なFAX作業を簡潔にすばやく行うことのできるシステムを構築することが可能であるという点です。

どんな会社であってもFAXで大量に注文書が送られてきて、振り分けや入力作業に多くの時間をとられてしまいます。FAX用紙の紛失、手作業による振り分け作業の時間、上を見ながらのデータ入力処理などが代表的です。

しかし、この「SmoothFirst( スムーズファースト)」を導入することによって、ペーパーレス化を実現することができます。送受信FAXのイメージ化を実現することによって、完全なペーパーレス化となり、FAX業務のシステム化を可能にします。

例としてはすべての送受信データをイメージ管理に、受信FAXの自動振り分け、FAXイメージを画面で確認しながら効率的にデータ入力を行うことができます。

つまり、上記のようなどんな会社でも経験のある効率的ではない作業を、劇的に効率的な作業へと移行することができるのです。

「SmoothFirst( スムーズファースト)」を導入することによってのデメリットは、やはり金銭的な問題になります。

「SmoothFirst( スムーズファースト)」は一律の金額ではなく、依頼者の会社の規模によって変動するので、少し不透明な点が挙げられます。

[PR]
会社や、FAXの利用の規模によっては、高機能なFAXサーバーシステムを導入しなくても、FAXサーバーのような仕組みを構築することが可能です。FAXサーバーサービスで一番便利なのは、efax。詳しくは下記から。
≪eFax≫無料トライアル

ファックス利用経験談

ファックスのいろいろ

便利なファックスサービス

FAXサーバー用ソフト

▲上に戻る