パソコン、スマホ、コンビニで!便利なFAXの送り方、使い方

パソコンを使ってネットで送信や受信できるFAXサービスや、便利なFAXの使い方をご紹介いたします。

ライトニングFAXで多回線のFAXを一元管理

ライトニングFAXというFAXサーバーシステムを提供しているのは、カメラやプリンターそしてプリンター機などを販売していることで有名な、キヤノンのグループ会社となるキヤノンソフトウェア株式会社です。

会社が設立されたのは1978年で1998年には主力商品の一つであるライトニングFAXを発売しました。

2010年に東京証券取引市場第二部上場廃止をして、キヤノンMJアイティグループホールディングス株式会社の連結子会社となり、2013年にはキヤノンソフト情報システム株式会社を吸収合併しました。

そのキヤノンソフトウェア株式会社が提供するライトニングFAXはFAX業務の効率化を目指した商品であり、会社にある複数のFAX機やパソコンにおけるFAX機能を一元管理できるようになります。

ライトニングFAXの特徴は多回線に対応したFAXサーバーシステムであり、FAX回線の状況をグラフで確認をしたり、誤送信などで情報漏洩が起きないよう監視ができます。

ライトニングFAXにおける魅力的な機能の一つとして「送受信データのプリンタ自動印刷」があります。

現代においてはデジタルファイルで資料を管理することが多いですが、やはり紙に印刷をして持ち歩いたり会議資料としたりするケースもありますので、特定のユーザーに対して自動的にプリントアウトする設定ができるのは便利です。

導入事例としては情報漏洩が絶対に許されない保険会社で利用されていたり、商品を全国で販売するメーカーが商品管理を目的としてFAXを利用する際にも各地から集約される情報をライトニングFAXで一元管理をしたりすることが可能です。

さらに商品製造を受注する会社が、注文書を自動入力できるようになったことで人件費をカットすることに成功しました。

ライトニングFAXにおいては「Office2010」というソフトを用いて文章などを作成し、TIFFイメージに変換することになってもディザリングの「細かく」という設定がライトニングFAXのバージョンによっては有効とならないので注意が必要です。

[PR]
会社や、FAXの利用の規模によっては、高機能なFAXサーバーシステムを導入しなくても、FAXサーバーのような仕組みを構築することが可能です。FAXサーバーサービスで一番便利なのは、efax。詳しくは下記から。
≪eFax≫無料トライアル

ファックス利用経験談

ファックスのいろいろ

便利なファックスサービス

FAXサーバー用ソフト

▲上に戻る