パソコン、スマホ、コンビニで!便利なFAXの送り方、使い方

パソコンを使ってネットで送信や受信できるFAXサービスや、便利なFAXの使い方をご紹介いたします。

インターネットFAX、Toonesが良いか、eFaxが良いか?

ToonesのほうがeFaxより優れている点としては、ナンバーポータビリティー対応が挙げられます。

eFaxではナンバーポータビリティーには対応していませんから、FAX番号が変わってしまいますが、Toonesならば現在使っているFAX番号をそのまま使えます。

ただ、これは既存のFAX番号を流用したい場合で、新規にFAX番号を取得する場合には、問題になりません。

efaxよりToonesが優れている点

また、Toonesでは月額基本料金の最低額でもeFaxより優れています。

FAXの受信も送信も全くしなければ、Toonesは毎月498円ですが、eFaxは毎月1620円かかります。

 

さらにToonesは解約しやすさでもeFaxより優れています。

eFaxではカスタマーサポートに電話をかけないと解約できませんが、ToonesならWebサイトから解約手続きができます。

eFaxがToonesより優れている点は、取得できる番号の豊富さです。

一方、eFaxのほうが、Toonesより優れている点としては、取得できる番号の豊富さが挙げられます。

 

eFaxでは東京、大阪、京都など日本全国の57都市の市外局番を選択可能になっています。

希望すればアメリカ、イギリスなど海外の番号を取得することもできます。

 

それに対し、Toonesでは海外の番号は取得できませんし、日本の市外局番も7種類しか用意されていません。

 

また、eFaxはFAX送信の最低単価でもToonesより優れています。

eFaxなら1枚あたり10円ですが、Toonesでは少なくとも13円かかります。

 

さらに、eFaxはスマホでの使いやすさでもToonesより優れています。

 

eFaxにはスマホ専用アプリが用意されていて、FAX受信も送信もアプリだけで実行できます。

しかし、Toonesではアプリは用意されておらず、メール機能を使ってFAXの送受信をしないといけませんし、PDFビューワーを自分で用意しないといけません。

eFaxとToonesどっちが良い?

総合的に見て、インターネットFAXでは、ToonesよりもeFaxを利用したほうがよいでしょう。

eFaxのほうが送信単価が低いので、急にFAXを大量に送信しなければいけなくなっても安心です。

また、スマホ対応が充実していますから外出先でもFAXが使えるというインターネットFAXならではの利点が十分に活かせます。

ただ、普段はFAXの送信も受信もほとんどしないので、いざというときにFAXが使える状況を用意できていれば十分だというのなら、最低月額料金の低いToonesを選んだほうがよい場合もあるでしょう。

ファックス利用経験談

ファックスのいろいろ

便利なファックスサービス

FAXサーバー用ソフト

▲上に戻る