パソコン、スマホ、コンビニで!便利なFAXの送り方、使い方

パソコンを使ってネットで送信や受信できるFAXサービスや、便利なFAXの使い方をご紹介いたします。

FAXサーバーを導入することで、業務の効率化や経費削減を実現できます。

FAXサーバーとは、パソコン上でFAXの送受信やデータの管理を行えるシステムのことです。

FAX機そのものの設置や、FAXごとに専用の電話回線が必要ないため、FAX機とデスクとを往復する手間がかからず、ペーパーレス化によって資源の節約にもつながるという利点があります。

また、外出先から携帯を使って受信したFAXの内容を確認したり、送信することも可能となっています。オフィスへ戻る必要がなく、大幅に仕事が効率化するという利点もあります。

FAXサーバーのシステムを構築するには、まず専用のシステムサーバーをオフィスに設置します。

このシステムサーバーをLANによってそれぞれのPCに接続し、メール画面から操作できるよう設定すればFAXの送受信が可能になります。相手先からのFAXは電話回線を通じて受信するため、取引先に特別な操作をしてもらう必要もありません。

efaxもFAXの送受信をインターネットで行えるサービスですが、FAXサーバーとefaxとの一番の違いは、やはりFAX機やFAX専用回線を必要としないという点にあります。

efaxは、FAX機や回線にかかるコストを全て省くことができるため、経費削減にもつながるわけです。

FAXサーバーを構築するためのソフトには、ハンモックが提供するDEFACTシリーズや、メガソフトのSTARFAX、富士通のFaxFactoryなどがあります。

基本的な構築システムに大きな違いはありませんが、対応できる回線の数などがそれぞれ異なるほか、他製品と連携してさらなる効率化を図れるものもあります。

ファックス利用経験談

ファックスのいろいろ

便利なファックスサービス

FAXサーバー用ソフト

▲上に戻る