パソコン、スマホ、コンビニで!便利なFAXの送り方、使い方

パソコンを使ってネットで送信や受信できるFAXサービスや、便利なFAXの使い方をご紹介いたします。

インターネットを利用したfax送受信サービス、fax050

「fax050」は、ビズベース株式会社が運営を行っているインターネットを利用したfax送受信サービスです。

fax050の基本サービス内容は

fax050の基本サービス内容としては、専用のfax受信機が無くてもスマホやネット接続されているパソコンさえあれば、どこでもfaxを送受信することが可能になります。

送受信はメール形式で行うスタイルとなりますので、専用の受信機が必要ないわけです。

登録に必要なのはメールアドレスのみですから、誰でも気軽に利用できるFaxサービスだと言えます。

パソコンでのfax050の利用方法

パソコンを利用してfax050を使用する場合の動作環境は、現在使用してるパソコンがインターネットを利用できれば問題なく利用することが可能になります。

スマホやタブレットでfax050を使用する場合には、iOSの場合はバージョン6.0以降、アンドロイドの場合には4.0以上のバージョンでないとfax050サービスは使用できないと言うことになります。

fax050のプラン内容は、3つ

fax050には3つのプランが用意されており、送信のみ出来るフリープラン、送受信が可能で専用の番号が取得できるスタンダードプラン、ビジネス用のビジネスプランとなります。

 

fax050を利用するには、ポイントが必要になります。

フリープランはユーザー登録した時点で50ポイントを貰うことが出来ます。

このポイントはFax利用に必要なポイントです。

Fax送信サービスの利用はポイントを消費して行う事になりますから、必ずポイントを購入する必要があります。

 

1回の送信にかかるポイント数はフリープランは25ポイント、スタンダードプランは20ポイントとなっています。

フリープランに初めて登録した場合には、2枚分のお試し送信が可能になるわけです。

スタンダードプランに登録した場合、100ポイント付与されますので5枚分の送信を試すことが可能になります。

fax050のフリープランは、送信のみに利用する人に良いサービス

フリープランの場合、受信が一切できないため送信に特化したサービスだと考えた方が良いでしょう。

 

基本的にFaxは必要ないのだけれど、たまに送信のみコンビニなどで利用している人に最適なプランだと言えます。

基本料金も無料なので、必要な時にポイントを購入して送信を行うと言うことになります。

fax050のスタンダードプランは、送受信を頻繁に利用する人に良いサービス

スタンダードプランに関しては専用の050で始まるFax番号を貰えますので、送信・受信ともに可能となります。

 

送信にはポイントが必要となりますが、受信に関しては無料で受信することが可能なので、送受信を頻繁に行う人にお勧めのプランだと言えます。

 

基本料金は月額500円かかりますが、通常のFax利用料金を考えた場合には非常に安価で運用が可能になります。

fax050のビジネスプランは、ビジネススタイルに合わせたカスタマイズが可能

ビジネスプランはフリーやスタンダードと違い、ビジネススタイルに合わせたカスタマイズが可能なため、料金も相談して決めるスタイルとなっています。

fax050の料金体系

料金体系については、月10枚FAXを送信する場合、フリープランだと250ポイントが必要となります。

 

1ポイント1円での計算ですから250円が必要ということです。

月300枚FAXを送信する場合には7500円の料金が必要ということになります。

 

スタンダードプランの場合、月10枚送信した場合には200ポイント、月300枚送信した場合には6000ポイントとなりますから、フリープランとの差額は1500円になります。

この場合、月額500円を支払ったとしてもまだ1000円安く送信でき事になりますから、大量に送信を行う場合には最初からスタンダードプランを契約しておく方が送信にかかる費用を抑えることが可能になると言えます。

fax050の解約方法

Fax050を使用しなくなった場合の解約方法についてですが、これは専用のお問い合わせHPから解約申請を行えばすぐに解約が可能になります。

ですから解約で手間取るということは無いでしょう。

fax050のメリットは

導入するメリットについては、スマホなどの通信端末さえあれば、電話回線が無くてもFaxを利用することが出来るという点が最大のメリットだと言えます。

 

特に一人暮らしを始めた人や、テナントなどで出店した場合、電話回線のない現場でFaxを利用したい場合などに非常に便利なサービスです。

費用もポイント制なので明確だと言えるでしょう。

 

メールアドレスさえあれば誰でも利用できますから、社員一人一人に専用のFax番号を付与して利用するということも可能です。

これならば会社のFaxが混雑して利用できないと言うことも無くなるのではないでしょうか。

fax050のデメリット

導入するデメリットについては、基本的に送信する場合のポイントが決まっているため、同じ市内でのFaxの送信に関しては逆に金額が高くなってしまう恐れがあります。

近場でも遠方でもFax050は固定ポイント数が必要ですから、送る場所によっては逆に費用が嵩む可能性があるわけです。

 

それと付与される番号が050のため、0120・0570・020といった特殊な番号への送信は一切出来ないと言う点もデメリットだと言えるでしょう。

これは0120などが050からの接続が出来ないからで、この点はネットFaxの弱点だと言えます。

電話番号を自由に設定したい場合は、efaxの方がオススメです。

ファックス利用経験談

ファックスのいろいろ

便利なファックスサービス

FAXサーバー用ソフト

▲上に戻る