パソコン、スマホ、コンビニで!便利なFAXの送り方、使い方

パソコンを使ってネットで送信や受信できるFAXサービスや、便利なFAXの使い方をご紹介いたします。

スマホやタブレットを使って、外出先でもすぐにFAX受信に気づけるようになる「Toones」

ToonesインターネットFAXサービスのひとつです。Toonesを使えば、専用のFAX機や電話回線を用意すること無く、インターネットとPCを使ってFAXの送受信ができるようになります。

Toonesは株式会社Karigoが運営しています。Karigoは中小企業支援を目的として、インターネットFAX以外にも、グループウェア、レンタルオフィス、電話代行といった事業を手がけています。なお、Toonesはツーネス、Karigoはカリゴと読みます。

ToonesではFAXの送受信をメールアドレスを用いて行うのが特徴です。FAX受信の際は、FAX内容がPDFに変換され、メールの添付ファイルとして登録したメールアドレスに届きます。

FAX送信の際は、まず、送り先のFAX番号を件名に書き、送りたいFAX内容を本文に書いたメールを作成します。

そのメールを登録したメールアドレスからFAX送信用のメールアドレスに送れば、メールで指定した通りのFAXが相手に届きます。詳細な内容のFAXを送りたい場合は、送りたいFAX内容をPDF化して、メールに添付するという方法も利用できます。

このような送受信の仕組みなため、メール機能が備わっていれば、PCだけでなくスマホ、携帯、タブレットでもToonesは利用可能です。OSの種類に関しても制限はありませんからWindows PC、Mac PC、iPad、Androidタブレット、iPhone、Androidスマホなど何でもOKです。

ただ、ToonesではPDF閲覧用のサービスやアプリは提供していません。そのため、受信したFAXの内容を確認するには、PDF閲覧可能な環境を自分で用意する必要があります。

PCならPDF閲覧に支障は無いでしょうが、スマホ、携帯、タブレットでは機種によってPDF閲覧機能のあるものとそうでないものがありますから注意しましょう。

Toonesを利用するには、まずToonesのWebサイト上でToonesアカウントを作成する必要があります。

作成したアカウントでToonesのWebサイトにログインし、インターネットFAXの申し込みをすれば、すぐに利用できるようになります。なお、お試し期間は存在せず、すぐに料金が発生しますから注意しましょう。

Toonesでは通常、Toones側が用意してくれたFAX番号を利用することになります。市外局番は東京、愛知、大阪など7つの地域から選べます。050から始まるIP番号を選択することも可能です。

もし希望すれば、今、自分が使っているFAX番号をそのままToonesで使用することもできます。ただ、その場合、番号ポータービリティー工事が必要となり、時間と料金が余分にかかります。

Toonesを利用するには初期費用として1050円がかかります。また、FAXの送受信枚数によって決まる送受信料金と、月額基本料金もかかります。

3つのコースがあり、コースによって基本料金と送受信単価が異なるのですが、適切なコース選択をすれば、月10枚FAXを送信する場合は毎月998円、月300枚FAXを送信する場合は毎月4880円の料金となります。

もしもToonesの利用開始後、Toonesの利用をやめたくなったなら、Webサイトからいつでも好きなときに解約手続きができます。解約の際に手数料や違約金が発生することはありませんから安心です。

Toonesを導入する場合の最大のメリットは、外出先でもスマホやモバイルを使って、すぐにFAX受信に気づけるようになることです。

また、スマホ、タブレットでのFAX送信も可能ですし、簡単な内容の返信でよいのなら、FAX受信に気づいたその場ですぐに返せるようになります。顧客からの問い合わせに迅速に対応したいと考える企業においては導入のメリットが大きいでしょう。

ただ、Toonesを導入すると、メール送信という簡単な操作でFAX送信が可能となりますから、誤送信のリスクが高まります。

また、もしもPCやスマホがコンピューターウィルスに感染していれば、顧客におかしなFAXを大量送信してしまう可能性もあります。Toonesを導入するなら、従業員にセキュリティ対策を徹底させておくべきでしょう。

ファックス利用経験談

ファックスのいろいろ

便利なファックスサービス

FAXサーバー用ソフト

▲上に戻る